はじめての方

空山を抱く工房

草木染工房さらさは京都丹波、綾部の古民家を工房に、
染色のための藍やハーブを育て、
周りに自生する草木を採取し、
草木による染めと紡ぎ・織り・手編みなどを行っています。

色出しが私たちの仕事の基本中の基本、出発点です。
工房の周りで育て、採取し、剪定し、切り倒し、そして時には
採集に出掛けて得られる自然の染料を用いて手染めしています。

原毛(ウール、獣毛など)から紡ぐ手紡ぎ糸や
厳選した良質の糸(シルク、ウール、綿、麻)を染め、
それをマフラー、ショール、ベス ト、帽子、セーター、ジャケット、敷物など
様々な製品に一つ一つ手作りしています。
布が持つやさしい肌触りと、
自然が与えてくれる色の妙味・色の取り合わせをお楽しみください。

このサイトについて

このサイトは私たちの工房の製品を工房価格で
直接販売する窓口として立ち上げました。
きっかけは何人かのお客様の要望で、
自分で手編み・手織りされる方々に工房で使っている手紡ぎ糸を
お頒けすることを始めたことです。
色・手触りが大切な草木染で作品として出来上がっているものは、
ネットを通して写真だけを見て購入するのには無理がある
と以前は考えていたのですが、
材料としてお使いになるものであれば、
ひょっとするとこのような窓口の存在価値があるのでは
と考えるようになりました。

本来であれば、皆さんとお会いしてお話しながら、
直接見て・触って・身に着けてみて買っていただくことができれば、
それが一番です。
なぜなら必ずしも経済効率が良いわけではない
このような仕事をしている私たちにとって、
皆さんの喜ばれるお顔を見ること、
いいものを買ったねと満足される様子を見させていただくことが、
私たちにとってなりよりの「ほうび・励み」だからです。

サイトを見て興味を惹かれるものがあれば、
まずはお気楽にお電話ください。
直接お会いできない代わりに電話の声を通してお会いさせてください。
作品の色はどうしても実物とは違う場合があります。
そういった説明や、
何かお作りの方であれば、こちらでできる限りのアドバイスなどもいたします。
メールでのやりとりも可能ですが、電話が最も手っ取り早いと思います。
ご連絡をお待ちしています。

小歌と呼ばれるものを集めた室町時代の「閑吟集」の中に
次のような詩があります。

きつかさやよせさにしさひもお
(思ひ差しに差せよや盃)

With love in your eyes
pour your wine
into my cup
pour your wine
with love in your eyes

--translated by Yasuhiko Moriguchi and David Jenkins

この詩(うた)に歌われているように、
皆様と良い「気」の交流、
楽しい出会いがあることを祈りながら
お待ちしています。



草木染工房さらさ
京都府綾部市小畑町松原143
tel/fax: 0773-47-0284







Comments