草木染工房さらさ







 As the moonbeam slides into a flower basket ...

        手染め            手紡ぎ            手織り            手編み

                Dyeing          Spinning        Weaving        Knitting

 



「名前のある」セーター

その一

2010年秋、普段は静かな私たちの工房に様々な人々が次から次へと訪れた。中でも特筆すべきは、アメリカから日本各地の工房を訪ねるツアーの一行が30人乗りのマイクロバスで乗りつけたことだ。

バスから降りたのは女性ばかりで16人。アメリカだけでなく、カナダ、ニュージーランドからやってきた人もいる。今はラオスに住んでいる人も参加していた。彼女たちは全員テキスタイルに興味をもつ人たち。自分で作品を作っている人も多い。メモを取りながら私たちの説明を熱心に聴いて、製作品を一つ一つ手に取り、あっという間に、おみやげ物としてたくさんのものを持ち帰った。特に彼女たちの興味を惹いたのは、柿渋染めの糸やバッグ。シルクのストールも人気があった。

と、ここまでは前置き。このツアーの来訪を前にしてやっておきたいことがあった。それは、最近力を入れている「草木染手つむぎ糸」(ウール)を豊富にそろえておくこと、そして、その糸を使ってオリジナルのセーターを編むこと。手つむぎ糸のほうは、「紡ぐ人」のスピードが上がったことと、「染める人」の魔術師のようなさばきの速さで、質・量共に豊かな、楽しいバスケットに仕上がった。しかしセーターは「編む人」(染める人・織る人と同一人物)の必死の頑張りにもかかわらず後の一割を残した状態で、当日を迎えた。

結局このセーター(袖なしのベスト)が完成したのはツアーの人たちが去った数日後のこと。ツアーの引率の方にいただいたワインを飲みながら工房の二人はこのセーターを眺めて「いいセーターができたね」、「(このベストにも使っている京都の素敵なボタン屋さんに訪れたという)樋口可南子さんのような人に着てほしいな」などと嘯いていたのでした。

手つむぎベスト 「秋の田園風景」








使用糸:

「手つむぎ糸」
ロムニー
コリデールミックス
コリデール
「その他」
シルクモヘア(シルク70%)
モヘア

染:

水色:藍生葉
緑:藍+コブナ草、藍+レモングラス
深緑:藍+マリーゴールド、藍+クチナシ
黄:コブナ草
茶黒:栗
紫:コチニール
ピンク:欅
赤:枇杷
抹茶緑:アケビ

重さ:

430g

価格:

32,000円


その二

2009年秋に依頼を受けて作成した手つむぎセーターを買ったお客さんが、そのセーターに名前を付け、いろいろな背景で写真を撮ってくれました。そのうちの二枚です。


手つむぎセーター "Forest Sweater"